2008年01月04日

ReaPlugs / Freeverb3

見つけたエフェクタの話をいくつか。

ReaPlugs - http://www.reaper.fm/reaplugs/
(※v1.5がここにあるようだ

Reaper という比較的有名なソフトがあるのだが、そのソフトに付属しているVSTエフェクトのスタンドアロン版。
バンドが無限に追加できるEQやコンプ、タップ数無限のディレイなどエフェクタとしてはかなりパワフルなものなのだが、どうも手元の環境ではインターフェイスがはみ出るという結構痛い問題があった。
そこで Resource Hacker を使って Dialog の各項目を開き、フォントを「FONT 10, "MS UI Gothic"」に設定しスクリプトをコンパイルして保存することで ReaPlugs のスクリーンショットとほぼ同じインターフェイスサイズになったので、同じ問題が出た場合はこれで対処できると思われる。

Freeverb3 - http://www.sodan.ecc.u-tokyo.ac.jp/~teru/tools/impulser.html

いわゆるSIRリバーブみたいな感じのリバーブなんだけども、ゼロレイテンシで使えるのが売りのようだ。しかし設定が ini 経由になるためにかなり不便で、手元の環境ではSIRに比べても負荷はそれなりに高めだった。
リアルタイム性を求めるような用途では高品位なリバーブはあまり使わない気がするし、使えるにしてもCPU負荷が高い場合は候補から外れてしまうような気がする。
ただ、この手のエフェクタでソース公開されているものは珍しいと思うので、もっと色々な人の手によって改良されていけばいいなあ、という事で今後に期待。


posted by oov at 20:43| Comment(4) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
自分で弄ったの?すげえ
その調子でmac対応もお願いします
ありがとう
Posted by mesosin at 2008年01月05日 05:38
IntelMacを使ってXPを走らせればいいのではないかな、と思います
Regards.

LinuxではWineというのを経由する事でWindows用のVSTエフェクトをLinuxの中で直接動かしたり出来ているようなので、IntelMacならそれほど遠くない将来、OSX上でWindows用のVSTが動く日が来るのではないかと思ったりはしています。
Posted by oov at 2008年01月05日 05:49
早速のご返答ありがとうございます
喜びで胸が打ち震えました
ブルンブルン!

ところでRegardsとは何でしょうか?
ご返信よろしくお願いいたします
Posted by mesosin at 2008年01月05日 05:55
返事が遅れてごめんなさい。少しわざとです。
RegardsっていうのはRobertの親戚です。つまり人名ですね。
詳しくはググってみるとよくわかるんじゃないかと思います。
Posted by oov at 2008年01月16日 14:25

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。